鴨川市

千葉県鴨川市の1400坪の土地で、DASH村のような村作り体験ができる「あの村プロジェクト」公式サイトリリース&年間会員登録開始

「あの村プロジェクト」は、千葉県鴨川市にある1400坪の土地で行われる村作りプロジェクトである。村作りをやっている場所はいくつかあるが、「顧客が気楽に、DASH村のような体験をすることができる」という点で、唯一無二のプロジェクトである。あの村プロジェクトの大きなポイントは、「顧客が自分のアイデアで村作りを行える」ことである。農業体験のような押し付けられる体験ではなく、顧客が自ら計画を考えながら、能動的に村作りを行える。また、顧客は東京から”週末だけ通う”という参加方法が可能になる。移住したり仕事を辞めたりしなくても、積極的に村を作ることが可能だ。彼らをサポートするためにスタッフは365日常にあの村に常駐し、実際の作業や、計画立案、会員同士の議論などをサポートする。会費は、年間7万円。既に現地ではワークショップ等を行っているが、正式なオープンは2017年7月20日である。

「あの村プロジェクト」を手掛ける、堀元 見(個人事業主、事務所:〒150-0031渋谷区桜丘町15-8高木産業会館 423号室)は、2016年12月1日(木)より、あの村プロジェクト公式サイトをリリースし、メール配信会員登録を開始しました。

「あの村プロジェクト公式サイト」http://anomura.jp

【あの村プロジェクトの概要】

「自給自足生活に憧れる」「自分で家を建ててみたい」そんなことを言う人が増えている。彼らの欲望を一言でまとめると、以下のようになる。

”DASH村みたいなことがやりたい!”

そんな彼らの欲望を満たすサービスが、「あの村プロジェクト」である。

あの村プロジェクトの会員は、一年中いつでも、千葉県鴨川市にある1400坪の土地で村作り体験ができる。

スタッフは365日常にあの村に常駐し、村に訪れる会員のサポートをする。

会費は、年間7万円。

現状、あの村では3回ほどワークショップを開催済み。年間会員を募った上で、正式なオープンは2017年7月20日。

 

<3つの特長>

1:会員が自分のアイデアで進められる

既に段取りが用意されている農業体験やDIY体験とは全く違い、「温泉が掘りたい!」や「発電機が作りたい!」といった会員のアイデアから村作りが進んでいく。

もちろん成功は保証できないが、自分の頭で考えながら能動的な村作り体験ができる。

全ての会員のアイデアを採用できる訳ではないが、原則としてアイデアは最大限尊重され、協議で認められたものに関してはあの村プロジェクトから必要経費が支払われる。

 

2:自由な関わり方が可能で、「住む」ことさえも可能

あの村の年間会員になれば、365日いつでもあの村の資源を使うことができる。

また、2017年4月にはツリーハウスの建設が予定されており、完成後は住むことさえも可能になる。

キャンプ場代わりに使うこともできるし、やってみたかったことに一人で挑戦することもできる。

また、「テニスコートを作ろう」のような一大プロジェクトを提案して、スタッフや他の会員と協力しながら進めることもできる。

 

3:会員限定SNSで交流・議論が可能

会員になると、会員限定SNSの利用が可能になる。

ここでは、村作りの方向性について議論したり、村の状態を共有したりできる。

仕事が忙しくてあまり村に顔を出せない人も、このSNS内で常にあの村の状況を把握できるし、議論に参加することも可能である。

【他の村作りとの相違点】

日本各地で「村を作ろう」という試みが行われているが、これらは全て「顧客が村を作る」ものではない。

「住人が村を作り、そこに顧客が遊びに行く」というシステムである。

これは、本当の意味で求められている村作り体験ではない。人々が求めているのは「自分たちで村を作ること」であり、「作られた村を消費すること」ではないからだ。

あの村では年間会員という仕組みを作り、長期的に関わってもらうことを前提にした。この仕組みによって、本当に人々が求めている村作り体験を提供することが可能になった。

また、千葉県鴨川市のあの村は、都内からアクアラインを使って2時間半でアクセスすることができ、都内在住の人も週末に無理なく通うことができる。この立地も、顧客が長期的に関わることをサポートしている。

【今後の展望】

  • 2017年1月よりクラウドファンディング開始。
  • 2017年4月より「あの村にツリーハウスを作ろう」プロジェクト開始。5月初頭に完成。
  • 2017年7月20日より、あの村正式オープン。年間会員はこの日から正式にあの村を使えるようになる。

【あの村公式Webサイト】

http://anomura.jp

【プロジェクト責任者】

  • 堀元 見
  • mail: ojigisuru@gmail.com
  • tel: 09068704430